巧妙化する悪質なネットの事件 あなたを守るセキュリティー第26回

Macも危ない!?多様化するコンピューターウイルス!

世間で比較的安全だと思われていたパソコンと人気のスマートフォンをある不正プログラムが襲った。その名は「WireLurker(ワイヤールーカー)」。その危険性と行うべき対策を紹介する。

パソコンからスマホへ作用するコンピューターウイルス!

WindowsだけでなくMacにも脅威となってきたコンピューターウイルス。
その例として最近話題になった「WireLurker(ワイヤールーカー)」があげられます。このコンピューターウイルスに感染したパソコンにiPhoneやiPadなどをつなぐとデバイス内に保存された個人情報やパスワードなどの情報が盗みとられます。
また、Windows、Android端末にも同様のコンピューターウイルスが存在している為、全てのパソコンやスマートフォンにおいて注意が必要といっても過言ではありません。

主な感染経路として、攻撃者が不正なプログラムを埋め込んだ海賊版DVDなどを気づかずにパソコンで読み込んでしまったことが考えられていますが、現時点では「WireLurker」の対策はすでにされており、一時的には危険は去ったと言えます。
しかし、注目すべきは今後このような攻撃が再び出現する恐れがあるということです。
※海賊版などの模倣品の視聴・売買は法律で固く禁じられています。

ズバリ、どんなパソコン、スマートフォンでも対策を怠るとコンピューターウイルスの脅威にさらされる!

迫る脅威への対策をご紹介!

対策1 パソコンにセキュリティ対策ツールをインストールする!

セキュリティ対策ツールは不正なプログラムや脅威を回避できる可能性を高めます。
セキュリティー向上の為には必要不可欠なものと言えます。

OS、ソフトウェアを常に最新の状態にしておく
対策2

パソコンをいつでも安全に利用するためには、OS、ソフトウェアのバージョンを常に
最新にしておくことが重要です。最新のOSやソフトウェアを利用して脆弱性を排除する
ことで、不正アクセスやコンピューターウイルス感染を防ぐ効果があります。

※画像は全てイメージです。
※2015年1月現在の情報です。

パソコンやスマホを複数台お持ちでも大丈夫!!

すでにセキュリティ対策ツールを1台分(1OS)ご利用の方はフレッツ光等の月額料金にプラス月額418円(税込)で2台目(2OS)3台目(3OS)のセキュリティー対策ができます! 複数の端末をお持ちの方も!ご家族でも! 詳細はこちら

※1【標準装備の「セキュリティ対策ツール」によるセキュリティー機能について】

  • ・「フレッツ 光ネクスト」や「フレッツ 光ライト」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS、macOS)もしくはAndroid端末1台(1OS)分です。
  • ・「光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)(詳しくはこちらをご確認ください。)によっては、標準装備の「セキュリティ対策ツール」は含まれない場合があります。なお、「フレッツ 光クロス」ではご利用いただけません。
  • ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光」接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。
  • ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。
  • ・詳しくはこちらをご確認ください。

※1【セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)について】

  • ・パソコン(Windows OS)向けでは、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービス(コラボ光)(詳しくはこちら)の契約が必要です。パソコン(macOS)向け、Android端末向けでは、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービス(コラボ光)(詳しくはこちら)の契約が必要です。
  • ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光」等接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。
  • ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。

【「フレッツ 光ライト」の場合の留意事項】

  • ・「フレッツ 光ライト」での「セキュリティ対策ツール」および「セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)」の利用量も通信料の対象です。
  • ・パターンファイルの更新等320MBを超える利用量が必要となる場合があります。
  • ・「セキュリティ対策ツール」の機能については、お客さまにて利用有無を設定することが可能です。

審査 19-2689-1

記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。