巧妙化する悪質なネットの事件 あなたを守るセキュリティー第27回

あなたは大丈夫?ソフトウェアの脆弱性につけこむ攻撃者

最近よく耳にするソフトウェアの脆弱性(ぜいじゃくせい)問題。しかし、ソフトウェアに脆弱性があるとどういう被害があるのか。それを攻撃者はどのように悪用するのか。その対策をご紹介しよう。

Q 脆弱性があるために、どのような被害があるのか

A 個人情報を盗むコンピューターウイルスに感染するかも

コンピューターウイルスの中には、キーボードで入力した情報やパソコン画面情報を盗み出すものがあります。攻撃者は、OSやブラウザーの脆弱性(プログラムの不具合などで生じたセキュリティー上の欠陥)を狙って、コンピューターウイルスに感染させようとするのです。被害にあわないためには、最新のセキュリティーソフトを使う、パスワードをこまめに変更する、などの対策がありますが、ソフトの脆弱性をなくすことも大切な対策の1つです。

イメージ画像

対策

ソフトウェアの脆弱性はアップデートで解決。(最新バージョンにする事)

ソフトウェアの脆弱性を解決するには、ソフトウェアごとのアップデート(最新バージョンにする事)が必要となります。ソフトウェアのアップデートを怠るということは、情報セキュリティー上の欠陥もそのままということになってしまうのです。

ひとことコラム Javaのバージョンが新しくなりました

Javaのバージョン7のアップデートが終了となり、現行の最新はバージョン8になりました。バージョン7は今後、脆弱性が発見されても、改善されませんのでまだバージョン7をご利用の方は、最新のバージョン8をこちらから(外部サイト)ダウンロードして使用してください。現在使用中のバージョンの確認方法はこちら(外部サイト)を参考にしてください。

※2015年5月現在の情報です。

2台目、3台目のセキュリティー対策も!Windows macOS Androidに対応。詳しくはこちら

※1【標準装備の「セキュリティ対策ツール」によるセキュリティー機能について】

  • ・「フレッツ 光ネクスト」や「フレッツ 光ライト」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS,macOS)またはAndroid端末1台(1OS)分です。「コラボ光(詳しくはこちら)」によっては、標準装備の「セキュリティ対策ツール」は含まれない場合があります。
  • ・「フレッツ・v6アプリ」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS)1台(1OS)分です。
  • ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光」等接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。
  • ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。

※1【セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)について】

  • ・パソコン(Windows OS)向けでは、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・v6アプリ」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービス(コラボ光)(詳しくはこちら)の契約が必要です。パソコン(macOS)向け、Android端末向けでは、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービス(コラボ光)(詳しくはこちら)の契約が必要です。
  • ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光」等接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。
  • ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。

【「フレッツ 光ライト」の場合の留意事項】

  • ・「フレッツ 光ライト」での「セキュリティ対策ツール」および「セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)」の利用量も通信料の対象です。
  • ・パターンファイルの更新等320MBを超える利用量が必要となる場合があります。
  • ・「セキュリティ対策ツール」の機能については、お客さまにて利用有無を設定することが可能です。

審査 15-1036-2

このページのトップへ

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。