1. 総合TOP
  2. オプションサービス
  3. ひかり電話
  4. 「ひかり電話」オプションサービス
  5. フリーアクセス・ひかりワイド(着信課金サービス)
  6. 着信振分接続機能

ひかり電話(IP電話サービス)着信振分接続機能

「着信振分接続機能」とは

指定した比率で、
自動的にひかり電話サービスの
複数の電話番号に分配して
接続します。

1つの着信課金番号にかかってきた電話を、あらかじめ指定した比率で自動的にひかり電話サービスの複数の電話番号に分配して接続する機能です。
複数の契約回線を跨って「着信振分接続機能」を利用する場合は、着信課金番号ごとに「複数回線管理機能」の契約が必要です。

1着信課金番号ごとのご契約となります。

ご利用条件

  • 指定できる振分先はひかり電話の場合は最大5電話番号、「ひかり電話 オフィスタイプ」の場合は最大32電話番号)まで登録できます。
  • 振分比率の設定は各振分先の契約者電話番号/追加電話番号ごとに1桁の整数(0~9)で設定します。振分比「0」の場合、その契約者電話番号/追加電話番号には接続されません。
  • 1つの契約者電話番号/追加電話番号を複数の振分グループの振分先に指定することはできません。また、1つの契約者電話番号/追加電話番号を複数の異なる着信課金番号の振分先に指定することもできません。
  • スケジュールの設定により、時間帯での振分比率を変更することができます。
  • 同一の契約者電話番号/追加番号に、「話中時迂回機能」との重畳契約はできません。
  • 「着信接続振分機能」のスケジュール設定と振分比率の設定は、カスタマコントロールまたはお客さまからのお申し出による工事で設定可能です。お客さまからのお申し出によるNTT西日本での工事の場合、設定工事の都度工事費が必要です。

月額利用料(例)

「着信振分接続機能」のご利用には、「着信振分接続機能」月額基本利用料に加え、「フリーアクセス・ひかりワイド」月額基本利用料と「ひかり電話」月額基本料がかかります。

「ひかり電話」付加サービス着信振分接続機能

月額基本利用料 770円/月

「ひかり電話」付加サービスフリーアクセス・ひかりワイド

月額基本利用料 1,100円/月

「ひかり電話」

月額基本利用料 550円/月

「ひかり電話」 1契約ごとの利用料

「フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)

月額利用料 4,730円/月

+プロバイダー利用料金

  • 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」(FTTHアクセスサービス)の場合

「光はじめ割」(料金サービス)(1・2年目)適用時<解約金あり>

合計月額基本利用料 7,150円/月

+プロバイダー利用料金

インターネットのご利用にはプロバイダーとの契約・料金が別途必要です。

  • 「着信振分接続機能」以外の付加サービスもご利用いただく場合には、当該付加サービス月額利用料が上記金額に加算されます。

「ひかり電話」について

  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」、または一部の「コラボ光」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信等、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。

「光はじめ割」について

本割引を解約された場合は解約金(~4,400円)が必要です。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月、翌々月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。その他、解約金に関しましては、以下をご確認ください。


工事料金

1着信課金番号につき
1追加機能ごとに
2,200円
【工事費内訳】基本工事費:1,100円、交換機等工事費:1,100円

  • 上記工事費は、「着信振分接続機能」のみを新設した場合の料金です。「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
  • 「ひかり電話」お申し込み時に付加サービスを同時お申し込みされると、上記付加サービスの工事費が減額されます。詳しくは販売担当者におたずねください。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・サービス内容に関わる
お問い合わせについて
お問い合わせ一覧

よくあるご質問

  • Q
  • Q
  • Q
  • Q

ひかり電話 フリーアクセス・
ひかりワイド 機能一覧

審査 22-242-1