1. 総合TOP
  2. オプションサービス
  3. ひかり電話
  4. 「ひかり電話」オプションサービス
  5. フリーアクセス・ひかりワイド(着信課金サービス)
  6. 複数回線管理機能

ひかり電話(IP電話サービス)複数回線管理機能

「複数回線管理機能」とは

指定の機能と組み合わせて
利用することで、
契約者回線以外の電話番号へ
接続することができます。

「発信地域振分機能」「話中時迂回機能」「着信振分接続機能」「受付先変更機能」と組み合わせて利用することにより、契約者回線以外の電話番号へ接続する機能です。

1着信課金番号ごとのご契約となります。

ご利用条件

同一着信番号を「発信地域振分」「話中時迂回」「着信振分」「受付先変更」で複数回線にまたがって利用する場合には、「複数回線管理機能」の契約が必要となります。

月額利用料(例)

「複数回線管理機能」のご利用には、「複数回線管理機能」月額基本利用料に加え、「フリーアクセス・ひかりワイド」月額基本利用料と「ひかり電話」月額基本料がかかります。

「ひかり電話」付加サービス複数回線管理機能

月額基本利用料 1,100円/月

1着信課金番号ごとの利用料

「ひかり電話」オプションサービスフリーアクセス・ひかりワイド

月額基本利用料 1,100円/月

「ひかり電話」

月額基本利用料 550円/月

「ひかり電話」 1契約ごとの利用料

「フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)

月額利用料 4,730円/月

+プロバイダー利用料金

  • 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」(FTTHアクセスサービス)の場合

「光はじめ割」(料金サービス)(1・2年目)適用時<解約金あり>

合計月額基本利用料 7,480円/月

+プロバイダー利用料金

インターネットのご利用にはプロバイダーとの契約・料金が別途必要です。

  • 「複数回線管理機能」以外の付加サービスもご利用いただく場合には、当該付加サービス月額利用料が上記金額に加算されます。

「ひかり電話」について

  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」、または一部の「コラボ光」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信等、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。

「光はじめ割」について

本割引を解約された場合は解約金(~4,400円)が必要です。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月、翌々月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。その他、解約金に関しましては、以下をご確認ください。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・サービス内容に関わる
お問い合わせについて
お問い合わせ一覧

よくあるご質問

  • Q
  • Q
  • Q
  • Q

ひかり電話 フリーアクセス・
ひかりワイド 機能一覧

審査 22-242-1