チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2019.04.26
更新日:2021.03.11

無線LANカードで簡単Wi-Fi接続!利用方法や接続手順をご紹介

無線LANカードで簡単Wi-Fi接続!利用方法や接続手順をご紹介

あなたのお家にWi-Fiはありますか?

家にあるスマホ・タブレットやパソコンはもちろん、プリンター、家電等のネットワーク対応機器を無線でインターネットに繋げることができるWi-Fi。無線が届く範囲なら家中のどこに居ても、そして複数人同時でも快適にネットが使える便利さが魅力ですが、一方で「接続の手順がわからない」「設定が面倒そう」と導入を諦めている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、慣れていない人でも簡単にWi-Fiが使えるようになるアイテム「無線LANカード」と、実際の接続方法についてご紹介します!

Wi-Fiなし生活のデメリットは?

画像:「Wi-Fiルーターは面倒だからいらない!」と諦める前に考えたい、Wi-Fiなし生活のデメリット

Wi-Fi接続を考えたときにまず向き合うのが、インターネット回線と各端末を無線で繋いでくれる「Wi-Fi ルーター」の存在。でもルーターを購入するには、自宅に合った規格や機種を調べる必要が......。わかりにくい専門用語を調べているうち、次第にWi-Fi接続そのものが面倒に感じてきてしまう人も多いのではないでしょうか?

ただ、自宅にWi-Fiがないとこんなデメリットも......。

【スマホ・タブレット等のモバイル端末の場合】
・通信制限がかかりやすい

画像:通信制限がかかりやすい

Wi-Fiがない環境ではモバイル通信のみを使用するので、容量の大きいアプリやファイルのダウンロードはもちろん、通信量の多い動画や音楽、頻繁にチェックするSNS等を利用しているとすぐにパケットの上限に達してしまいます。通信制限を気にしながら使うのはストレスフルですよね。

・システムやアプリの更新がスムーズにできない

画像:システムやアプリの更新がスムーズにできない

スマホの場合、容量の大きいシステムアップデートはWi-Fi環境下でないとできません。また、アプリのなかにもWi-Fiに繋がっていないとアップデートできないものがあります。スマホやタブレットを常に最新の状態で使うにはWi-Fi環境が整っている必要があるのです。

【パソコンや一部の家庭用ゲーム器、プリンター等の機器の場合】
・ケーブルの配線がごちゃごちゃしがち

画像:ケーブルの配線がごちゃごちゃしがち

Wi-Fiを導入しない場合、インターネットを使用するには光回線等からLANケーブルで有線接続しておかなければなりません。すると、ノートパソコンであっても部屋の行き来ができなくなり、周辺機器と端末との配線もごちゃごちゃとしがちに。埃が絡みやすいケーブルがあるだけで掃除の手間も増えてしまいます。

Wi-Fiが必要になったら無線LANカードがおすすめ

画像:やっぱりWi-Fiは必要......。でも、どうすれば?

近年は外出先から自宅の様子を見守れるカメラや清掃の指示が出せるロボット掃除機等、IoTテクノロジーを活用した便利な家電も増えていますが、これらの多くはWi-Fi等無線での接続を前提としています。いろんな機器同士がWi-Fiで自動的に繋がって、人間にとって快適な環境を整えてくれる「スマートホーム」の開発も進んでいます。こういった時代の流れを考えると、自宅のWi-Fi環境はあるに越したことないですよね......。

「いっそのこと、ルーターなしでもWi-Fi接続ができる方法があればいいのに!」と思った方へ朗報です。あなたがもし「フレッツ光」ユーザーなら、「無線LANカード」を使えば簡単にWi-Fi接続ができるようになります。

ちなみに、「無線LANカード」というと、パソコンに挿して使用するタイプもありますが、この記事では「フレッツ光」のホームゲートウェイに挿入するタイプの「無線LANカード」について解説していきますね。

無線LANカードって何?

画像:無線LANカードって何?

今回ご紹介する無線LANカードは、NTT西日本が提供するフレッツ光の「ホームゲートウェイ(ひかり電話にも対応したルーター)」に挿入して使用する通信機器のこと。

この無線LANカードをセットすればフレッツ光のホームゲートウェイが無線LANルーターとして使えるようになるので、無線LANルーターを別途買う必要はありません。配線も不要なので機器の周りもすっきり! それでいて、家中のWi-Fi対応機器でインターネットを自由に楽しめるようになるんです。

無線LANカードってどこで買えるの?

無線LANカードは、販売はしておらず、レンタルでのみ使うことができます。

例えば、「フレッツ 光ネクストとひかり電話」を使っている場合、無線LANカードのみのレンタルはお支払中の月額利用料にプラス月額わずか110円(税込)。「フレッツ 光ネクスト」のみを使っている場合でも、お支払中の月額利用料にプラス無線LANカード月額110円(税込)+ホームゲートウェイ本体のレンタル価格月額275円(税込)=合計385円と、お手頃な価格でWi- Fi環境が整います。

さらに「フレッツ 光ネクストとひかり電話」を使っている場合には、工事や工事費用も不要! フレッツユーザーにとっては簡単かつお得な、一石二鳥の選択肢といえます。

◆【「光はじめ割」(料金サービス)について】
本割引を解約された場合は解約金(~11,000円)が必要です。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。その他、解約金に関しましては、こちらをご確認ください。

※【ホームゲートウェイの月額レンタル料について】
・低価格プラン(月額レンタル料275円(解約金あり))と標準プラン(月額レンタル料495円(解約金なし))があります。
・低価格プランは、ご利用開始月から24ヵ月目の末日までに解約された場合は、解約金2,200円をお支払いいただきます。ただし、「フレッツ光」および「コラボ光」の解約、または「フレッツ光」から「コラボ光」への転用と同時に「ホームゲートウェイ(レンタル)」を解約する場合、もしくは「ホームゲートウェイ(レンタル)」の解約と同時に「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」を契約する場合については本解約金はかかりません。
※記載の料金は全て税込です。

無線LANカードの接続方法は?

無線LANカードの接続方法は?

無線LANカードを使ってWi-Fi環境を整える手順はとても簡単。一度ホームゲートウェイの電源を切ってから無線LANカードを挿入し、再度電源を入れるだけなんです! これなら普段デジタル機器に苦手意識がある人でも迷わずセッティングができるはず。

ちなみにホームゲートウェイの設置場所としては、下記の条件をクリアしている場所がふさわしいので参考にしてください。

・置き場所は家の中央で周りに壁がないところが理想
・部屋の隅に置く場合には壁から離す
・電子レンジ等電波が干渉するものの近くに置かない
・扉付きの棚等は電波が遮られるため避ける

◆まとめ

なんとなく面倒だからとWi-Fiの導入を諦めかけていたフレッツユーザーにとって、救世主となってくれる「無線LANカード」。Wi-Fi接続が実現すれば、仕事も遊びも通信制限から開放され、もっと自分の視野や興味を広げられるはず。みなさんもぜひ、この機会に無線LANカードを使ったWi-Fi導入を検討してみてはいかがでしょうか。


■関連サイト
Wi-Fi で家族みんなの毎日をもっと便利に、快適に。
https://flets-w.com/cp/wifi2/

スマホの速度制限をフレッツ光ネクスト+Wi-Fi で解決!
https://flets-w.com/cp/wifi1/

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査19-1107-1