1. フレッツ光 TOP
  2. ご利用シーンやお困りごとなどの目的から選ぶ
  3. 動画を快適に視聴したい

動画を快適に視聴したい

動画視聴中にいいシーンでまた読み込み
といったことはありませんか?

高速・安定な回線で
快適な動画視聴

高速・安定な回線で快適な動画視聴 高速・安定な回線で快適な動画視聴

自室でサクサク*1快適視聴!

  • *1 利用環境・状況等により、通信速度が低下または通信できない場合があります。

「フレッツ光」(FTTHアクセスサービス)と「ホームゲートウェイ 無線LANカード(情報機器)」を利用すれば、パソコンやスマホはもちろんWi-Fi対応の情報家電が、家中どこでも*2インターネットにつなぎ放題*3

  • *2
    • 利用環境により、電波が届かない場合があります。
  • *3
    • それぞれの機器がWi-Fiに対応していることが前提です。
    • IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠している機器が必要です。
  • *4 本無線LANカード(有料レンタル)のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」等のご契約・料金と対応ホームゲートウェイ(有料レンタル)が別に必要です。「ひかり電話」をご利用でない場合は、回線終端装置(ONU)とホームゲートウェイ(有料レンタル)は、別機となります。
  • ※ 「フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼」を無線LAN経由でご利用の場合、最大通信速度は無線LANの速度に依存します。
  • ※ Wi-Fi接続で利用するサービス・機能によっては提供事業者との契約・利用料金等が必要です。

「フレッツ光」と「フレッツ・
テレビ」同時加入で
悪天候にも備えた安定映像を

「フレッツ・テレビ」ならアンテナ不要*5で地デジ*6はもちろんBSやCS(オプション)*7が楽しめます。
また、「フレッツ・テレビ」は、アンテナが不要なので悪天候の影響を受けにくく*8、安定した映像*8を楽しめます。

「フレッツ・テレビ」は、「フレッツ光」(FTTHアクセスサービス)等の光ファイバーを利用して、スカパーJSAT(株)の提供する放送サービスにより、地上/BS/CSデジタル放送等が受信できるサービスです。

  • *5 アンテナで受信できるチャンネルが一部受信できない場合があります。
  • *6 地上/BSデジタル放送に対応したテレビまたはチューナー等が必要です。
  • *7 BS・CS(スカパー!等)の有料放送の視聴には、別途提供事業者との契約(BS、スカパー!はB-CASカード/ACAS番号単位、スカパー!プレミアムサービス光はチューナー単位)・料金、対応機器等が必要です。
  • *8 天災による設備への影響などによって、映像受信ができない場合があります。アンテナによる受信と比較して映像の安定性を保証するものではありません。

【フレッツ・テレビについて】

  • 「フレッツ・テレビ」の利用にはNTT西日本が提供する電気通信サービス「フレッツ・テレビ伝送サービス」の契約と、スカパーJSAT(株)が提供する放送サービス「テレビ視聴サービス」の契約が必要です。
  • フレッツ・テレビ(フレッツ・テレビ伝送サービス)」の利用には「フレッツ 光ネクスト」等または光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)の契約・料金が必要です。マンションタイプ等では利用できません。
  • NHKの受信料(衛星契約)が別途必要です。

安心と信頼の実績

西日本エリアで一番使われている光回線はNTT西日本の「フレッツ光」

(光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)を含む)

インターネットや電話など通信業界に貢献してきた「NTT西日本」。
そのNTT西日本の「フレッツ光」は実績と歴史に裏付けされた高速・安定で高品質の光回線。
西日本エリアで一番使われている光回線です。
(光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)を含む)

  • 2021年3月末時点の西日本エリア(北陸・東海・関西・中国・四国・九州)におけるFTTH契約数シェア(2021年6月18日総務省報道発表資料「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(令和2年度第4四半期(3月末))」に基づく(光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)を含む))。

審査 21-460-1