チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2019.02.15
更新日:2021.10.19

連載ネットの知恵袋 メール

Q. メールの「CC」・「BCC」って何ですか?

Q. メールの「CC」・「BCC」って何ですか?

メールの作成で「宛先(TO)」の下に「CC」・「BCC」という項目がありますが、これはなんですか?

A. 「CC」・「BCC」は複数の相手にメールを共有したい場合に使用する機能です

一般的にメールの送受信を行なう場合、「宛先(TO)」の項目に送信したい相手の(メールアドレス)を入力し、連絡を取り合うことが多いのではないでしょうか。

「宛先(TO)」の項目は、「この内容はあなたに宛てて送っています・私とあなたとやりとりをしています」という相手のメールアドレスを指定します。

「CC」・「BCC」の項目は、「宛先(TO)」に送信されたメールの内容・送信履歴を共有したい相手のメールアドレスを指定します。
「CC」・「BCC」の大きな違いは、各項目に入力されたメールアドレスが受信者のメールソフトに表示されるかどうかです。

メールを受信するメンバー全員に共有したい宛先を「CC」に、メール送信者以外には伏せたいメンバーのメールアドレスを「BCC」に指定しましょう。

「TO」・「CC」・「BCC」の大まかな特徴は以下の通りです。

特徴
宛先
(TO)
メールを送信したい対象のメールアドレスを入力します。
「TO」・「CC」・「BCC」に指定されたメンバー全員にメールアドレスなどの情報が表示されます。
CC カーボン・コピー(Carbon Copy)の略。
「TO」の宛先へ送信するメール内容・送信履歴を共有したい相手のメールアドレスを入力します。「CC」に指定された宛先は、「TO」と同じくメールを受信したメンバー全員に表示されます。
BCC ブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)の略。
「TO」・「CC」の宛先に送信するメール内容・送信履歴を、誰にも知られず共有したい相手のメールアドレスを入力します。「BCC」に指定された宛先は、送信者以外には表示されません。
※「BCC」として指定された相手が「宛先(TO)または「CC」に対して返信を行なった場合、返信先として含まれる相手にはメールアドレスが表示されます。

メールを送信する際は必ず「宛先(TO)」にメールアドレスを入力している必要があります。
「宛先(TO)」に送信先としてメールアドレスを指定していない場合は、「CC」・「BCC」の項目を入力しても相手先にメールを送信できないので注意してくださいね。

ここでは「CC」と「BCC」の使い分けについて簡単にご紹介します。

【例1】

Q.登山サークルのメンバーにお知らせを送ります。
すでに参加メンバーは決まっているものの、周知事項として不参加メンバーにも一斉送信したいのですが...

「宛先(TO)」と「CC」を利用しましょう。

「宛先(TO)」に参加メンバー、「CC」に不参加メンバーのメールアドレスを入力しましょう。
お知らせメールを受信した登山サークルのメンバーは、お互いのメールアドレスと合わせて、「宛先(TO)」・「CC」のどちらに指定されているか確認できます。

【例2】

Q.同窓会の幹事役として、同級生全員にお知らせメールを送ることになりました。
自分は同級生全員のメールアドレスを知っていますが、同級生の中にはお互いのメールアドレスを知らないメンバーもいるかも知れないため、皆のメールアドレスを伏せて一斉送信したいのですが...

「BCC」に同級生全員のメールアドレス、「宛先(TO)」に幹事である自分のメールアドレスを入力しましょう。

「宛先(TO)」・「送信元」の項目には幹事である送信者のメールアドレスのみ表示されます。 メールを受信した同級生には、「BCC」に指定されているお互いのメールアドレスと送信人数などの情報は確認できません。

「宛先(TO)」の項目には複数のメールアドレスを指定できますが、一斉送信で受け取ったメールに知らないメールアドレスが存在した場合、受信した相手は戸惑ってしまうかも知れません。

複数の相手に同じメールの内容を共有したい時は、用途に合わせて「宛先(TO)」・「CC」・「BCC」を使い分けることで、スマートにメールのやりとりができます。

それぞれの意味と使い方を覚えて、メールを活用してくださいね。

■メールの設定や操作がよくわからない...・サポートは誰にお願いする?
https://flets-w.com/opt/remote_support/

■Q. メールアドレスを入力する手間を減らしたい - チエネッタ
https://flets-w.com/chienetta/communication/cb_mail02.html

■Q. 「MAILER-DAEMON」や「Mail Delivery Subsystem」と記載された英文のメールは何でしょうか? - チエネッタ
https://flets-w.com/chienetta/communication/cb_mail42.html


※この記事は2021年10月19日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査21-704-1