フレッツ 光クロス (FTTHアクセスサービス) サービスの特長 (FTTHアクセスサービス) サービスの特長

インターネット(IPv6)接続

インターネットの普及に伴い、インターネットプロトコル(IPv4)は、利用するアドレス(IPv4アドレス)の世界的な在庫が既に枯渇し、新たにインターネット接続をする際にIPv4アドレスを割り当てることができなくなることが予想されています。この問題への対処としてNTT西日本では、「フレッツ 光クロス」において、IPv4にかわる次世代のIPアドレスである、IPv6アドレス*1によるインターネット接続*2に対応いたします。

  1. 「Internet Protocol Version 6」の略であり、現行のインターネットの標準プロトコルであるIPv4の次期バージョンのプロトコルです。膨大なアドレス空間が利用可能なため、より多くの機器にIPアドレスを割り当てることができます。
  2. インターネットのご利用には、本サービスに対応したインターネットサービスプロバイダー様との契約・利用料金が必要です。

インターネット(IPv6 IPoE)とは

インターネット(IPv6 IPoE)接続方式

インターネット(IPv6 IPoE)接続方式*1は、「フレッツ 光クロス」の基本機能として、インターネットサービスプロバイダー様が提供するIPoE対応のIPv6アドレスによるインターネット接続サービス*2を、「フレッツ 光クロス」のお客さまが利用できるようにするものです。*3インターネット(IPv6 IPoE)通信に必要となる「フレッツ・v6オプション」(月額利用料無料)をご提供いたします。*4

  1. PPPoEプロトコルを用いずに、接続事業者様のIPv6アドレスを弊社が予め割り当てて、お客さま宅内に設置されたIPv6アドレスに対応する情報機器(パソコン等)から、接続事業者様に接続する弊社設備までの通信を行う方式です。
  2. インターネット(IPv6 IPoE)接続に対応したインターネットサービスプロバイダー様との契約・利用料金が必要です。
  3. プロバイダーによっては、お申し込みの際、「お客さまID」および「アクセスキー」が必要になる場合があります。
  4. お客さまがご利用の情報機器(パソコン等)がIPv6アドレスに対応している必要があります。

ご利用時の留意事項

  • インターネット(IPv6 IPoE)接続方式では、IPv4のみに対応したインターネットサイト等はご利用いただけません。IPv4のみに対応したインターネットサイト等をご利用いただく場合には、インターネットサービスプロバイダー様により提供されるIPv4 over IPv6が必要となります。詳細については、インターネットサービスプロバイダー様へお問い合わせください。
  • 「フレッツ 光クロス」はファミリータイプのみの提供です。

その他ご利用時の留意事項は、以下のページをご覧ください。

ご利用時の留意事項

インターネット(IPv6 PPPoE)とは

インターネット(IPv6 PPPoE)接続方式

インターネット(IPv6 PPPoE)接続方式は、アクセスサービスの基本機能として、インターネットサービスプロバイダー様が提供するPPPoE対応のIPv6アドレスによるインターネット接続サービス*5を、 お客さまが利用できるようにするものです。
「フレッツ 光クロス」におけるIPv4/IPv6 PPPoE方式の対応については、こちらをご確認ください。

  1. インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダー様との契約・利用料金が必要です。

「フレッツ光」技術参考資料

契約約款

「電気通信事業法(第26条)」に基づく表記

審査 19-2685-1

記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。