無線・有線LANの速度改善方法

回線速度があがらない・インターネットが遅い、という方に無線・有線LANの速度改善方法をご案内いたします。

機器・環境の切り分け
無線LAN(Wi-Fi)の速度改善方法
ホームゲートウェイの設置場所について

無線LAN(Wi-Fi)の電波は、設置場所や周辺機器の影響を大きく受けてしまいます。ホームゲートウェイの設置場所を改善することで、通信速度が改善する場合があります。
以下のようなポイントにご注意いただき、設置場所をご確認ください。

  • ホームゲートウェイとは
  • 部屋の角にホームゲートウェイを置いていませんか?
    部屋の角にホームゲートウェイを置いていませんか?

    壁から離して設置してください。ホームゲートウェイの周りに物が無いのが理想的な環境です。

  • ホームゲートウェイの周りに無線機器はありませんか?
    ホームゲートウェイの周りに無線機器はありませんか?

    電子レンジや無線キーボード・マウスなど、他の無線機器とは一定の間隔をあけて設置してください。電波干渉によって、速度が低下する場合があります。

  • ホームゲートウェイを扉付きの棚の中に置いていませんか?
    ホームゲートウェイを扉付きの棚の中に置いていませんか?

    棚の外に設置してください。無線LAN(Wi-Fi)の電波が棚に遮られ、速度が低下する場合があります。

  • パソコンモニターや液晶テレビの裏にホームゲートウェイを設置していませんか?
    パソコンモニターや液晶テレビの裏にホームゲートウェイを設置していませんか?

    モニターやテレビからは離して設置してください。電波が遮られることで、速度低下の原因となる場合があります。

あわせて、以下もお試しください。

  1. ホームゲートウェイの向きを変える事で電波が届きやすくなる場合があります。
  2. ホームゲートウェイの周りに物がない状態が理想的な環境です。そのような場所に移動させてみてください。
  3. コード類の届く範囲で、ホームゲートウェイを家の中心に近い場所へ移動させることで電波状況が変わるか確認してください。
ホームゲートウェイへの接続について

お客さまのご利用状況によっては、ホームゲートウェイに接続しているSSIDを変更いただくことで、通信速度が改善する場合があります。

  • ホームゲートウェイとは

ホームゲートウェイへの接続に使用するSSIDについて

ホームゲートウェイとの接続には、本体側面に記載されている3つのSSIDをご利用いただけます。

ホームゲートウェイとの接続には、本体側面に記載されている3つのSSIDをご利用いただけます。
  • どのSSIDに接続すればいいですか?
    どのSSIDに接続すればいいですか?

    SSID-3(rx600m-XXXXXX-3)に接続してください。
    最大通信速度が速く、他の無線機器の電波干渉を受けにくい周波数帯を利用しています。

  • SSID-3に接続したが、通信速度が遅い気がする
    SSID-3に接続したが、通信速度が遅い気がする

    ホームゲートウェイとは別の部屋で機器をご利用いただく場合など、通信できない(電波強度が弱い)・通信速度が遅い場合は、障害物の影響を比較的受けにくいSSID-1 (rx600m-XXXXXX-1)をお試しください。

SSIDによる通信規格の違いについて

各SSIDの仕様については、以下の表をご確認ください。

SSID(RX-600MIの場合) 最大通信速度※1 無線規格 電波干渉※2 障害物※3 周波数帯
rx600m-XXXXXX-3 最大 54Mbps IEEE802.11a ○受けにくい
(影響が小さい)
×弱い
(影響が大きい)
5GHz
最大 450Mbps IEEE802.11n
最大 1.3Gbps※4、5 IEEE802.11ac
rx600m-XXXXXX-2 最大 11Mbps IEEE802.11b ×受けやすい
(影響が大きい)
○強い
(影響が小さい)
2.4GHz
最大 54Mbps IEEE802.11g
最大 300Mbps IEEE802.11n
rx600m-XXXXXX-1 最大 11Mbps IEEE802.11b ×受けやすい
(影響が大きい)
○強い
(影響が小さい)
2.4GHz
最大 54Mbps IEEE802.11g
最大 300Mbps IEEE802.11n
  • ※1. 技術規格上の最大値であり、実効速度ではありません。利用環境・状況等により、通信速度が低下または通信できない場合があります。
  • ※2. 電子レンジなどの家電製品やBluetoothを搭載した電子機器の近くで使用した場合の、電波干渉による通信速度への影響の大きさについての目安です。
  • ※3. 障害物を挟んだ通信の際などの、通信速度への影響の大きさについての目安です。
  • ※4. 「フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼」でインターネットをご利用の場合の最大通信速度は最大概ね1Gbpsとなります。
  • ※5. 子機のアンテナ本数が3本の場合。子機のアンテナ本数が2本の場合は、最大通信速度は最大概ね866Mbpsとなります。Wi-Fi対応機器(IEEE802.11ac対応)のアンテナ数については各メーカー等にお問い合わせください。
  • *  その他、各SSIDの機能につきましては、取扱説明書をご確認ください。
無線LAN(Wi-Fi)の規格について

無線LANの規格は、技術の進歩とともに次々と新しいものが登場しています。
比較的古い規格である「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」は、最大通信速度が100Mbpsを下回っています。
100Mbpsを超える通信速度で利用いただくには、「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」「Draft IEEE802.11ax」に対応したものをご用意ください。これは、ルーターなどの無線LAN親機の規格だけでなく、無線LAN子機の規格も同様です。

また、無線LANの伝送速度はお客さま宅内の環境(無線LAN機器間の距離や障害物、電波干渉等)に大きく左右されるため、たとえ「IEEE802.11n」や「IEEE802.11ac」 「Draft IEEE802.11ax」の機器でも十分な速度が出ないケースもあります。
無線LANが原因で通信速度があがらないと感じたら、一度パソコンを通信速度に対応した有線LANで接続してみることをおすすめします。

無線LANの規格によっては、電子レンジなどの電磁波を発する機器の影響を受けることがあります。

無線LAN(Wi-Fi)の通信規格・最高通信速度

規格 周波数帯 最大通信速度※1 電波干渉※2 障害物※3
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps ○受けにくい
(影響が小さい)
×弱い
(影響が大きい)
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps ×受けやすい
(影響が大きい)
○強い
(影響が小さい)
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps ×受けやすい
(影響が大きい)
○強い
(影響が小さい)
5GHz 600Mbps ○受けにくい
(影響が小さい)
×弱い
(影響が大きい)
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps ○受けにくい
(影響が小さい)
×弱い
(影響が大きい)
IEEE802.11ax 2.4GHz 9.6Gbps ×受けやすい
(影響が大きい)
○強い
(影響が小さい)
5GHz ○受けにくい
(影響が小さい)
×弱い
(影響が大きい)
  • ※1. 通信規格上の最大通信速度となります。
  • ※2. 電子レンジなどの家電製品やBluetoothを搭載した電子機器の近くで使用した場合の、電波干渉による通信速度への影響の大きさについての目安です。
  • ※3. 障害物を挟んだ通信の際などの、通信速度への影響の大きさについての目安です。
有線LANの速度改善方法

ご利用のルーター、ハブ、LANケーブルやLANカードなどのネットワーク機器のいずれかが10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tにしか対応していなければ、最大通信速度は10Mbps 、100Mbps、1Gbpsとなってしまいます。
1Gbpsを超える通信速度で利用いただくためには、ネットワーク機器は10GBASE-Tに対応したものをご使用ください。
「10GBASE-T」での通信速度については、10Gigabit Ethernetの規格に基づいた理論値であり、実際の処理速度とは異なります。
詳しくは、ネットワーク機器の各メーカーのホームページをご確認ください。
現在、一般的に流通しているLANケーブルの規格は「カテゴリー5」「カテゴリー5e」「カテゴリー6」「カテゴリー6a」「カテゴリー7」の5種類です。 数字が大きいほど速い通信速度にも対応できる上位の規格となります。通信速度最大概ね10Gbpsで利用いただくためには、10GBASE-Tに対応した「カテゴリー6a」以上のケーブル(ストレート)をお使いいただく必要があります。

  • 最大概ね10Gbpsとは、技術規格上の最大値であり実効速度を示すものではありません。なお、本技術規格においては、通信品質確保等に必要なデータが付与されるため、実効速度の最大値は、技術規格上の最大値より十数%程度低下します。
LANケーブルの種類 隼対応 クロス対応
カテゴリー5
カテゴリー5e
カテゴリー6
カテゴリー6a
カテゴリー7
LAN規格の種類 隼対応 クロス対応
100BASE-TX
1000BASE-T
10GBASE-T ×

×:対応しておりません。
△:ご利用いただけますが、アクセスラインサービスの最大通信速度には対応しておりません。
○:アクセスラインサービスの最大通信速度に対応した規格となります。

周辺機器による通信速度への影響

ルーターなど周辺機器のファームウェアが最新でない場合も通信速度に影響することがあります。

周辺機器メーカーは、セキュリティー上の問題を修復したり、性能を改善するため、ファームウェアを不定期に更新しています。周辺機器のファームウェアを最新にすることにより、通信速度が改善されることがあります。

メーカーや周辺機器の提供者(プロバイダー等)からファームウェア更新の案内があれば、更新されることをおすすめします。

  • ※本内容は、NTT西日本の検証環境で計測した内容を元にした内容です。お客さまのご利用環境などにより、速度が改善されない場合や電波が届かない場合があります。

設定でお困りの方へ

解決できない場合は、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ
リモートサポートサービス(有料)

お困りごとの解決をオペレーターが丁寧にサポートいたします。サポート方法は「お電話」または「リモートサポートツールでお客さまのパソコンを遠隔で操作支援」のいずれかです。ぜひご検討ください。



Windows®は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
macOS、iPhone、iPad、iPod はApple Inc.の商標です。
本文中の各社の登録商標または商標には、TM、®マークは表示しておりません。

審査 19-2342-1

記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。