1. 総合TOP
  2. オプションサービス
  3. ひかり電話
  4. 「ひかり電話」オプションサービス
  5. ボイスワープ

ひかり電話 (IP電話サービス) ボイスワープ

ボイスワープとは

楽しい会話を、ビジネスのチャンスを――
「ボイスワープ」なら逃しません。
自宅や事務所にかかってきた電話を、あらかじめ指定した電話番号へ転送できるサービスです。


外出時(不在時)や
お話中に大活躍

  • ※ ボイスワープ契約者までの通話料は、電話をかけた方の負担となりますが、ボイスワープ契約者から転送先までの通話料は、ボイスワープ契約者の負担となります(転送先がお話中や応答しない場合は通話料はかかりません)。

転送の開始・停止

    • 1
    • 1 4 2 をダイヤル
    • 2
    • ガイダンスを聞く
    • 3
    • 1 で転送の開始 2 で転送の停止

    詳しくは販売担当者にお問い合わせください。

電話番号ごとのご契約になります。

ご利用条件

「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」(いずれもFTTHアクセスサービス)、または一部の「コラボ光」 のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。


対象サービス

ひかり電話
ひかり電話Aエース

月額利用料(例)

「 ボイスワープ」のご利用には、「 ボイスワープ」月額基本利用料と「ひかり電話」月額基本料がかかります。

「ひかり電話」付加サービス
ボイスワープ

月額基本利用料 550 円/月

「ひかり電話」 1契約ごとの利用料

「ひかり電話」

月額基本利用料 550 円/月

「ひかり電話」 1契約ごとの利用料

「フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)

月額利用料 4,730 円/月

+プロバイダー利用料金

  • 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」(FTTHアクセスサービス)の場合

「光はじめ割」(料金サービス)(1・2年目)適用時<解約金あり>

合計月額基本利用料 5,830 円/月

+プロバイダー利用料金

インターネットのご利用にはプロバイダーとの契約・料金が別途必要です。

  • 「ボイスワープ」以外の付加サービスもご利用いただく場合には、当該付加サービス月額利用料が上記金額に加算されます。

「ひかり電話」について

  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」、または一部の「コラボ光」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信等、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。

「光はじめ割」について

本割引を解約された場合は解約金(~11,000円)が必要です。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。そのほか、解約金に関しましては、以下をご確認ください。
「光はじめ割」について


いろいろセットになってて
おトク!

「ひかり電話A(エース)」なら「ナンバー・ディスプレイ」を含む6つの付加サービス通話料528円分 ※1がついて合計月額基本利用料6,380円 + プロバイダー利用料でご利用いただけます。

  • 「ひかり電話A(エース)」

    月額基本利用料 1,650 円/月

  • 「フレッツ光」

    月額利用料 4,730 円/月※2

    +プロバイダー利用料金

    • 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」の場合

    「光はじめ割」(1・2年目)適用時
    <解約金あり>

合計月額基本利用料 6,380 円/月

+プロバイダー利用料金

  1. 月額基本利用料に含まれる通話料分の通話対象は、NTT東日本・NTT西日本の加入電話・INSネット・ひかり電話およびコラボ光ひかり電話サービス(データコネクトへのデータ通信は除く)・他社一般加入電話・他社IP電話(050番号への通話を除く)のみとなります。国際電話・携帯電話・PHS・050IP電話・ナビダイヤル等への通話は月額基本利用料には含まれず、別途通話料が必要です。月額基本利用料に含まれる通話料の適用は、ご利用開始日の翌月1日からとなります。
  2. インターネットをご利用いただくには、「フレッツ光」に対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が別途必要です。

6つの付加サービス


工事料金

ボイスワープ   工事費   2,200円
【工事費内訳】 基本工事費 : 1,100円、交換機
等工事費 : 1,100円

  • 上記工事費は、「ボイスワープ」のみを新設した場合の料金です。「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
  • 「ひかり電話」お申し込み時に付加サービスを同時お申し込みされると、上記付加サービスの工事費が減額されます。詳しくは販売担当者におたずねください。

ご利用シーンに応じて自由自在に選べる
便利で豊富な転送機能

呼び出さずに転送
無条件転送

転送元の電話を呼び出さずに、かかってきた電話を転送先へ直接転送します。

転送元の電話を呼び出さずに、かかってきた電話を転送先へ直接転送します。

呼び出してから転送
無応答時転送

いったん転送元の電話を呼びだした後に転送します。電話のベルが鳴っている間に受話器をあげると、電話をかけてきた方とお話できます。

いったん転送元の電話を呼びだした後に転送します。電話のベルが鳴っている間に受話器をあげると、電話をかけてきた方とお話できます。

お話し中のときに転送
話中時転送

お客さまがお話し中でふさがっているときだけ、転送します。

>お客さまがお話し中でふさがっているときだけ、転送します。

大切な電話だけ転送・着信できる
(セレクト機能)
登録番号転送

あらかじめ登録してある電話番号からかかってきた場合だけ転送します。

あらかじめ登録してある電話番号からかかってきた場合だけ転送します。

登録番号着信

あらかじめ登録してある電話番号からかかってきた場合だけ着信し、それ以外の電話は転送します。

あらかじめ登録してある電話番号からかかってきた場合だけ着信し、それ以外の電話は転送します。

多彩な組み合わせパターン

転送方法の組み合わせを、以下のパターン0からVIIIまでの中から選択できます。

セレクト機能
(指定転送)
無条件転送 無応答時転送 話中時転送
パターン0 × × × ×
パターンI × × ×
パターンII × × ×
パターンIII × × ×
パターンIV × ×
パターンV × ×
パターンVI × ×
パターンVII × ×
パターンVIII ×
左右にスワイプしてください
  • 「ボイスワープ」の自動転送を「開始」から「停止」に設定変更した場合、セレクト機能(指定転送)も「停止」となります。

通話料

ボイスワープご契約者までの通話料金(下図A)は、電話をかけた方のご負担になります。
ボイスワープご契約者から転送先まで(下図B)は、ご契約者のご負担となります。
(転送先がお話中や応答しない場合は通話料はかかりません。)

ほかのサービスと合わせて
ご利用いただく場合の留意事項

  • 各付加サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、および「データコネクト」での接続の場合、付加サービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。
  • 各サービスの詳細およびご利用上の留意事項は以下をご参照ください。

「ひかり電話A(エース)」に含まれるサービス


ナンバー・ディスプレイ

ボイスワープの転送先への電話番号通知については、以下のようになります。また、発信元(A)が「184」をダイヤルすると電話番号は通知されません。


ナンバー・リクエスト

「ボイスワープ」の利用中に電話番号を「通知しない」でかかってきた場合、電話は転送されず、かけた人にはナンバー・リクエストのメッセージで応答します。


迷惑電話おことわりサービス

ボイスワープと合わせてご利用の場合には、迷惑電話おことわりサービスが優先して作動するため、迷惑電話として登録されている電話番号からの着信は転送しません。


キャッチホン

  • 無条件転送設定時
    • キャッチホンは作動しません。ボイスワープ契約回線の動作は以下の通りです。
    • 1コール目:転送先へ転送中
    • 2コール目:発信者に話中音を返します。
  • 無応答時転送設定時
    • 設定された呼び出し秒数以内にフッキング操作を行えば割込可能です。ボイスワープ契約回線の動作は以下の通りです。
    • 1コール目:通話中
    • 2コール目:割込音が入ります。
  • 話中時転送設定時
    • キャッチホンは動作しません。ボイスワープ契約回線の動作は以下の通りです。
    • 1コール目:通話中
    • 2コール目:転送先へ転送します。
  • ご利用にあたっての設定中(たとえば、転送先電話番号の登録中等)には、キャッチホンは動作せず、割込音は鳴りません。

複数チャネル

同時転送可能数が2となります。

無条件転送 最大2件まで転送されます。
無応答時転送 転送タイマ満了後の着信呼について最大2件まで転送されます。着信時に2チャネルとも通話中であった場合は、話中状態となり、転送されません。
話中時転送 以下のいずれかの状態において最大2件まで転送されます。
  • 着信時に2チャネルとも通話中であった場合
  • 1チャネルが通話中にボイスワープを契約している電話番号に着信があり、着信可能な端末がない場合
セレクト機能(指定転送) 設定された転送方法(無条件転送、無応答時転送、話中時転送)の動作条件と同じです。

追加番号

ボイスワープの契約は電話番号ごとのため、ボイスワープをご利用したい電話番号ごとにご契約が必要となります。また、転送動作も電話番号ごとになります。


FAXお知らせメール

ボイスワープと重畳契約はできません。

  • ただし、各サービスをご契約いただく電話番号が異なる場合は、ご契約可能です。

テレビ電話

  • テレビ電話の転送可能な条件は以下の通りです。
  • 転送先が、テレビ電話接続可能であること。
    (転送先が契約条件や端末条件によりテレビ電話接続不可の場合は、映像転送できません。標準音質の音声通話にて再接続された場合は転送できます。)
  • 発信者が、「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」、あるいは「コラボ光ひかり電話」で映像発信した場合であること。
  • 転送条件が、無条件転送もしくは話中時転送であること。
    (無応答時転送の場合は、映像転送の可否は、転送元端末に依存します。発信者と転送元端末の接続において端末能力の不一致が生じ、発側端末が標準音質の音声にて自動再接続を行った場合には、音声で転送されます。)
発信者 転送元 契約単位 転送元から
転送先への転送動作
ひかり電話
ひかり電話
ひかり電話
映像転送※2 ※3
加入電話 音声にて接続
(音声転送)
左右にスワイプしてください
  1. ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスA(エース)を含みます。
  2. 無応答時転送の場合、映像転送可否は、転送元端末に依存します。(発信者と転送元端末にて自動再接続による音声再接続を行った場合、音声で転送されます。)
  3. 発信者がひかり電話/ひかり電話オフィスタイプの映像転送の品質は、転送条件が無応答時転送以外は、発信者と転送先で通信可能なもっとも高い品質での映像転送を行います。(これにより、アナログテレビ品質(SD品質)相当でのテレビ電話発信の映像転送は、転送先がアナログテレビ品質(SD品質)相当対応であれば、アナログテレビ品質(SD品質)相当で転送されます。)また、無応答時転送の場合は、映像転送の品質は、転送元と転送先で通信可能なもっとも高い品質での映像転送を行います。

高音質電話

  • 高音質電話の転送可能な条件は以下の通りです。
  • 転送先が、高音質電話接続可能であること。(転送先が契約条件や端末条件により高音質電話接続不可の場合は、転送できません。標準音質の音声通話にて再接続された場合は転送できます。)
  • 発信者が、「ひかり電話(フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト)」「ひかり電話オフィスタイプ(フレッツ 光ネクスト)」「ひかり電話オフィスA(エース)」で高音質電話発信した場合であること。

データコネクト

  • データコネクトの転送可能な条件は以下の通りです。
  • 発信者が、「ひかり電話(フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト)」「ひかり電話オフィスタイプ(フレッツ 光ネクスト)」「ひかり電話オフィスA(エース)」で発信した場合であること。
  • 転送先が、データコネクト接続可能であること。(転送先が端末条件等によりデータコネクトの接続不可の場合は、転送できず、エラーとなります。)
  • 転送条件が、無条件転送もしくは話中時転送であること。 (無応答時転送の場合は、データコネクトの転送可否は、転送元端末に依存します。)

加入電話・INSネットの
「ボイスワープ」との主な違い

加入電話・INSネットの付加サービス「ボイスワープ」とは以下の通り、一部サービス内容が異なります。

内容 加入電話 INSネット ひかり電話
機能 応答後
転送機能
あり なし なし
話中時
転送機能
なし あり あり
セレクト機能
(登録番号転送
/着信機能)
なし
(ただし、ボイスワープ
セレクトで提供)
なし
(ただし、INSボイス
ワープセレクトで提供)
あり
転送条件の
確認
なし あり
(「1428」+「0~3」)
あり
(「142」+「8」+「1」)
転送トーキ、
転送元案内
トーキ
あり あり なし
転送先リスト数 5 5 4
無応答時
転送の転送
タイミング
呼び出し回数
(1~9回)
秒数(5~60秒)
5秒単位
秒数(5~60秒)
1秒単位
操作手順 無条件転送、
無応答時転送
の設定手順
1 4 2 3 ダイヤル後
  • 無条件転送 0
  • 無応答時転送 1-9
1 4 2 1 ダイヤル後
  • 無条件転送 1
  • 無応答転送 24
1 4 2 1 ダイヤル後
  • 無条件転送 1
  • 無応答時転送 2
リモート
コントロール手順(外出先からの操作方法)
一般の電話回線・公衆電話
  • 1 4 2 をダイヤル
  • 【携帯電話・PHS】
  • 「リモコン用アクセス
    番号」※1をダイヤル
一般の電話回線・公衆電話
  • 1 4 2 7 をダイヤル
  • 【携帯電話・PHS】
  • 「リモコン用アクセス
    番号」※1をダイヤル
すべて「リモコン用
アクセス番号」※1
をダイヤル
転送先リスト
番号の指定
リストが1つの場合は
指定不要
リストが1つの場合は
指定不要
転送先電話番号の登録が1つの場合、転送先リストの指定の要・不要はお客さまによって異なります。※2
  左右にスワイプしてください   
  1. 加入電話・INSネットのリモコン用アクセス番号と、ひかり電話のリモコン用アクセス番号は番号が異なります。ご注意ください。
  2. 詳しくは、「ひかり電話」ご利用ガイドをご確認ださい。
    「ひかり電話」ご利用ガイド

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・サービス内容に関わる
お問い合わせについて

ひかり電話
オプションサービス一覧

審査 20-1662-1