1. 総合TOP
  2. オプションサービス
  3. ひかり電話
  4. ご利用時の留意事項

ひかり電話 (IP電話サービス) ご利用時の留意事項

「ひかり電話」のご利用にあたって

  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」(いずれもFTTHアクセスサービス)、または一部の「コラボ光」 のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
    「コラボ光」について
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信等、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
「ひかり電話」とIP電話(050番号)との併用利用について 開く

プロバイダーが提供するIP電話サービス(050番号)と「ひかり電話」を併用利用する場合、「ひかり電話」をご利用いただくアクセスサービスの種類およびご利用のIP電話(050番号)対応機器により、接続構成および留意事項等が異なりますので、以下より利用の形態に応じて接続構成および留意事項等をご確認ください。

加入電話およびINSネットとの主な相違点について 開く
接続できない番号 開く
  • 「ひかり電話」では、加入電話等と異なり、下記「接続可否番号一覧」の通り接続できない番号があります。お申し込み・ご利用の際は、ご注意願います。
  • 「ひかり電話」から0039等の電気通信事業者を指定した発信はできません。
  • 一部の番号は、ご利用にあたり通話料金が必要となるものがございます。
ACR、LCR(電話会社自動選択機能)のある電話機をご利用
の場合
開く

「ひかり電話」から電気通信事業者を指定した発信はできません。したがって、電話機のACR(スーパーACR等)機能や携帯電話へダイヤルする際に事業者識別番号(NTT西日本の場合0039)を自動付与する機能は、お使いいただけません(これらの機能が起動していると「ひかり電話」からの発信ができなくなる場合があります)。

「ひかり電話」をご利用になる前に、お使いの電話機でこれらの機能が起動しているかご確認いただき、起動している場合は機能の停止もしくは解除を行ってください。

なお、ACR機能を解除される場合は、ACRサービス提供会社への解約手続きもあわせて行ってください。

停電時について 開く

停電時は「ひかり電話」をご利用になれません。携帯電話やPHSまたはお近くの公衆電話をご利用願います。別途、お客さまにて無停電電源装置(UPS)をご用意の上、ひかり電話対応機器・回線終端装置(ONU)・電話機等を接続することでご利用可能となります。NTT西日本では「UPSmini500SW」をご用意しております。

  • 停電回復後、「ひかり電話」をご利用いただくためには、お客さま自身でひかり電話対応機器等の確認・操作が必要となる場合があります。
緊急通報について 開く

緊急通報番号(110番、118番、119番)へダイヤルした場合は、ご契約者の住所・氏名・電話番号が接続先(警察・消防)に通知されます(一部の消防等を除く)。ただし、番号の頭に「184」をつけてダイヤルした場合については通知されず、各機関からの呼び返しができない場合がありますのでご注意ください。短縮ダイヤル等で電話機自体に「184」発信を設定している場合は、とくにご注意ください。

「ひかり電話」対応機器 バージョンアップ 開く

「ひかり電話」では、加入電話等と異なり、本サービスに対応したひかり電話対応機器をご利用いただく必要があります。ひかり電話対応機器のファームウェアのバージョンアップはひかり電話対応機器が定期的に自動チェックし、お客さまが受話器を取り上げた際、「ピーピーピーピー」という音にて通知しますので、お客さまご自身にて実施していただく必要があります。

ひかり電話対応機器用無線LANカードの提供について 開く

無線LAN対応ひかり電話対応機器(親機用)として提供する無線LANカード1枚に加え、無線LANカード(子機用)として最大4枚まで貸与します。

「ホームゲートウェイ」のレンタルについて 開く

「ひかり電話」のみを解約された場合でも、「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」を継続利用することができます。なお、「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」を継続利用される場合は、別途端末利用料が必要となります。

通話明細について 開く

「ひかり電話」の料金明細内訳については、「Myビリング(ひかり電話通話明細内訳・通話発生状況照会)」のみのご提供とさせていただきます。

  • Myビリング(ひかり電話通話明細内訳・通話発生状況照会)とは、お客さまがご利用された「ひかり電話」の通話明細内訳と前日までのご利用料金についてNTT西日本がお客さまに対し、インターネットでご提供するサービスです。
  • 通話明細書の紙媒体でのご提供はできかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 「フレッツ 光マイタウン ネクスト ファミリーライトタイプ」をご利用のお客さまにおいては、プロバイダー接続未提供(インターネットへのアクセスが不可)のため、インターネットへのアクセスが可能なほかのアクセス回線等からご利用願います。
ご利用端末について 開く

「ひかり電話」は、ひかり電話対応機器端末に電話機等を接続することで、ご利用いただけますが、次の端末はご利用いただけません。

  • ISDN対応電話機(i・トレンビー等)
  • G4FAX
  • 通報機能を備えた通信機器(シルバーホンあんしんシリーズ等)
    • 一部機種はひかり電話サービスに対応していますが、停電時はご利用いただけません。

G3FAX、モデム通信についてご利用は可能ですが、通信環境条件等により伝送品質が保てない場合があります。また、通信相手側がISDN回線をご利用の場合、通信相手側の設定によっては、FAXがご利用できない場合があります。詳細は以下をご確認ください。

マイラインについて 開く

「ひかり電話」は、マイライン対象外です。加入電話等から同番移行されたお客さまの場合、加入電話等の休止に伴い、マイライン契約は解除されますので、ご注意ください。

信号監視通信、ノーリンギング通信等について 開く

NTT西日本の加入電話等を休止して、「ひかり電話」をご利用いただく場合、休止対象の加入電話等に付随するNTT西日本にて提供するサービス(付加サービスや割引サービス含む)は原則解約となります。
とくに、以下のNTT西日本の加入電話等のサービスをご利用の場合、「ひかり電話」では同等のサービスを提供しておりませんので、当該サービスのご利用を継続することはできません。

  • 信号監視通信(警備会社等の監視センタへの監視信号通知)
  • ノーリンギング通信(電気・水道・ガス等の遠隔検針)
  • オフトーク通信(情報センタ等からの各種情報発信)

ご契約の事業者様によりましては、「ひかり電話」でも同等のサービスをご利用可能な場合もございます。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者様へ、「ひかり電話」に変更する旨の連絡を行ってください。

ご契約の事業者さまへ連絡を要するサービスについて 開く
ガス漏れ等の自動通報・遠隔検針等、ノーリンギングサービスをご利用の場合

ご契約の事業者さま(ガス会社等)により、その扱いが異なります。お客さまご自身で必ずご契約の事業者さまに「ひかり電話」へ変更する旨の連絡を行ってください。ナンバー・ディスプレイ(月額利用料440円)をご契約いただくことで、「ひかり電話」でもノーリンギングサービスと同等のサービスをご利用可能な場合もございますので、ご契約の事業者さまへご相談ください。

セキュリティーサービスをご利用の場合

ご契約の事業者さま(警備会社等)により、その扱いが異なります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、「ひかり電話」に変更する旨の連絡を行ってください。

着信課金サービスをご利用の場合

着信課金サービス提供事業者さまにおいて、「ひかり電話」は契約可能な回線として指定されていない場合があります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、 「ひかり電話」に変更する旨の連絡を行ってください(各事業者さまとの解約手続き等が必要となる場合があります)。

発信先が応答しない場合の自動切断について 開く

「ひかり電話」では、発信先(相手側)が応答しない場合、約3分後に自動的に接続が切断されます。
このため、発信先がフリーダイヤルの場合、混雑による「しばらくお待ちください」等のガイダンスや接続先等を案内するガイダンスが流れている状態であっても、発信から約3分後に自動的に通話が切断される場合があります。

「ひかり電話」の移転について 開く

転居先が「ひかり電話」サービス未提供エリアの場合、「ひかり電話」を転居先で継続してご利用いただけません。また、サービス提供エリアの全ての住所でのサービス提供を保証するものではございません。転居先が「ひかり電話」サービス提供エリアであっても、「フレッツ 光ネクスト」等のアクセスサービスや「ひかり電話」の工事が必要なため日数がかかることがあります。その間、「ひかり電話」はご使用いただけません。

  • NTT東日本エリアへ転居される場合は、NTT東日本への「ひかり電話」のお申し込みが別途必要となります。
「ひかり電話」で新たに利用開始となる電話番号について 開く

「ひかり電話」や付加サービス「追加番号」の電話番号をNTT西日本の加入電話等から同番移行せず新たに利用開始する場合、「ひかり電話」専用の電話番号になります。「ひかり電話」専用電話番号は、「ひかり電話」、「ひかり電話 オフィスタイプ」、「ひかり電話 オフィスA(エース)」以外のNTT西日本の加入電話や他社の電話サービス(「コラボ光ひかり電話」は除く)に同番移行して継続利用することはできません。

電話をかける際の注意点について 開く

最後の番号をダイヤルしてから約4~6秒たつと、ダイヤルの終了と判定し発信します。

すぐに発信させたい場合は、番号に続けて「#」(シャープ)を押してください。

「発信電話番号通知」について 開く

「発信電話番号通知」は、電話をかける際に発信側の電話番号を受信側に通知する機能です。「ひかり電話」をお申し込みの際に「通常通知」または「通常非通知」のどちらか一方を選択していただきます。なお、発信電話番号の通知状態は、弊社によるネットワーク工事で変更できます。

  • 「通常通知」「通常非通知」に関わる工事料金は、「ひかり電話」の新規工事および移転工事と同時に工事する場合は無料です。それ以外は有料(工事料金は以下)となります。
    工事料金(初期費用)
  • 国際通話等における発信番号通知について
    国際通話等での発信電話番号通知は、相手国側の中継事業者網の設備状況により通知できない場合があります。
    そのため、相手側端末への表示を保障するものではございませんので、ご了承願います。

発信電話番号の「通知」または「非通知」は、ダイヤル操作(184、186)による選択も可能です。

発信電話番号の通知状態 ダイヤル手順 うける人へ通知する情報
通常通知 相手の電話番号 (例)0612345678※1
184+相手の電話番号 非通知
通常非通知 相手の電話番号 非通知
186+相手の電話番号 (例)0612345678※1
  • ※1 ご利用の「ひかり電話」の電話番号が表示されます。
「第三者による不正な電話利用等の被害」にご注意ください 開く

「IP-PBXソフトウェア等のご利用における、インターネット経由での内線電話端末としてのなりすまし」や、「外出先等から会社等の電話回線を利用して発信する機能を悪用した第三者不正利用」等により、高額な国際通話料金の請求が発生する事象が確認されております。
「IP-PBXソフトウェアや外出先から利用する機能等をご利用の際は、第三者が推測しやすいパスワードは設定しない」、「不要な接続環境は削除する」等のセキュリティー対策を行う等、第三者による外部からの不正な接続による電話利用に十分にご注意ください。

詳細は下記HPにも掲載しておりますのでご覧ください。

弊社設備の故障等以外の理由で発生した通話料等につきましては、弊社では一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承願います。

お申し込み

まだ「フレッツ光」をご契約していない方
フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)
同時に
お申し込み

※「フレッツ 光クロス」ではご利用いただけません。

既に「フレッツ光」をご契約している方
「ひかり電話」
のみお申し込み・プラン変更

審査 20-1662-1