1. 総合TOP
  2. オプションサービス
  3. ひかり電話
  4. お店・小規模事務所・SOHOでご利用のお客さま

ひかり電話 (IP電話サービス) お店・小規模事務所・
SOHOでご利用のお客さま

「ひかり電話」のご利用にあたって

  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」(いずれもFTTHアクセスサービス)、または一部の「コラボ光」 のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信等、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。

ビジネスの電話環境をご検討中
なら「ひかり電話」がおすすめ

  • ポイント1
    電話料金を
    コストダウン
  • ポイント2
    ビジネス向けの
    オプションサービスが
    充実
  • ポイント3
    ビジネス利用に最適な
    セットプラン

ポイント1 電話料金をコストダウン

「ひかり電話」は加入電話と比べて
通話料が安い

固定電話への通話

距離・時間帯に限らず
日本全国一律

8.8円/3分※1

(「ひかり電話」を音声のみで使用する場合)

携帯電話への通話

時間帯に限らず

17.6円/60秒

海外への通話

時間帯に限らず

9円(免税)/60秒

(アメリカ合衆国※2の場合)

  • ※1 NTT西日本・NTT東日本の加入電話・INSネット・ひかり電話サービスおよび「コラボ光ひかり電話 」〔テレビ電話・音声通話中のデータコネクト通信(データ通信)同時利用・データコネクトへのデータ通信は除く〕、他社一般加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。国際電話・携帯電話・050IP電話・テレビ電話・ナビダイヤルなどへの通話料金は異なります。
  • ※2 グアム・サイパンなど一部を除く。
加入電話と「ひかり電話」の比較 開く
  加入電話※1 ひかり電話
固定電話へ 市内 9.35円/3分 日本全国一律
8.8円/3分※2
県内市外 22~44円/3分
県外 22~88円/3分
携帯電話へ NTTドコモ
au
SoftBank
楽天モバイル
17.6円/60秒※3 17.6円/60秒
海外へ アメリカ合衆国
(ハワイを除く)
60円/60秒
(非課税)
9円/60秒
(非課税)
中華人民共和国
(香港及びマカオを除く)
140円/60秒
(非課税)
33円/60秒
(非課税)
大韓民国 110円/60秒
(非課税)
33円/60秒
(非課税)
左右にスワイプしてください
  • ※1 市内通話・県内への市外通話についてはNTT西日本を、県外通話・国際通話についてはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社を利用されているお客さまが、平日午前8時~午後7時の間に通話する場合。市内・県内市外・県外通話は3分、携帯・国際通話は60秒通話した場合の料金です。通話料は、通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況等によって異なる場合があります。国際通話料については消費税はかかりません。上記の「市内」「市外」「県内」「県外」という区分は、行政区分とは異なる場合があります。
  • ※2 NTT西日本・NTT東日本の加入電話・INSネット・ひかり電話サービスおよび「コラボ光ひかり電話」〔テレビ電話・音声通話中のデータコネクト通信(データ通信)同時利用・データコネクトへのデータ通信は除く〕、他社一般加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。国際電話・携帯電話・050IP電話・テレビ電話・ナビダイヤル等への通話料金は異なります。
  • ※3 NTT西日本識別番号「0039」をつけてダイヤルした場合も同じ料金となります。またNTT西日本の通話料金は、1分単位の課金です。「0039」以外の事業者識別番号をつけてダイヤルした場合の通話料金、および課金単位は、各携帯電話事業者ごとに異なります。携帯電話事業者の課金単位・料金プラン・営業エリア等について詳しくは、各携帯電話事業者へお問い合わせください。

ポイント2 ビジネス向けの
オプションサービスが充実

様々なビジネスシーンに役立つ
オプションサービスを豊富にご用意

たとえばこんな活用方法

例1 仕事の依頼や予約の電話を取り逃さない

  • 外出中でもボイスワープを使えば…
    かかってきた電話を指定した電話番号へ転送。外出先でも電話を受けることができます。
  • 通話中でもキャッチホンを使えば…
    通話中にかかってきた電話に対応。通話中でも電話を受けることができます。
  • 通話中でも複数チャネルを使えば…
    同時に2つまで電話対応が可能。たとえば店舗なら事務用と店舗用で電話をわけて使用することができます。
  • FAX利用中でも追加番号を使えば…
    電話用とFAX用の電話回線を分けて利用可能。たとえばFAXで注文をしながら電話を受けることができます。

例2 大切なお客さまにスムーズに対応

  • ナンバー・ディスプレイを使えば…
    かけてきた相手の電話番号が電話機に表示されるので、お客さまにスムーズに対応を行うことができます。

例3 迷惑電話に仕事を邪魔されない

  • 番号非通知の場合は
    ナンバー・リクエストを使えば…
    自動音声で電話を取らずに対応することができます。
  • しつこい営業電話には迷惑電話
    おことわりサービス
    を使えば…
    特定の電話番号を直接ブロックすることができます。
オプションサービス一覧と代表的な利用シーン 開く

「ひかり電話A(エース)」に含まれるサービス

オプションサービス サービス内容 月額利用料

ナンバー・ディスプレイ

かけてきた相手の電話番号を電話機に表示。 ひかり電話1契約ごと
440

ナンバー・リクエスト

番号非通知の場合は自動音声で電話を取らずに対応。 ひかり電話1契約ごと
220

キャッチホン

通話中にかかってきた電話に対応。 ひかり電話1契約ごと
330

ボイスワープ

かかってきた電話を指定した電話番号へ転送。 1電話番号ごと
550

迷惑電話おことわりサービス

しつこい迷惑電話は自動音声で電話を取らずに対応。 ひかり電話1契約または1電話番号
ごと

220

着信お知らせメール

外出中に着信があったことをメールでお知らせ。 1電話番号ごと
110
複数チャネル 電話とFAXを同時に利用。 ひかり電話1契約ごと
220
追加番号 「ひかり電話」1契約で電話番号を複数利用。 1追加番号ごと
110
FAXお知らせメール FAX受信をメールでお知らせ。 1電話番号ごと
110
フリーアクセス・ひかりワイド
(着信課金サービス)
かかってきた電話の通話料を着信者側が負担。 1着信課金番号ごと
1,100
特定番号通知サービス 着信課金番号等(0120/0800/0570番号)を相手に通知。 1電話番号ごと
110
左右にスワイプしてください
  • ご利用には、上記の各サービスの利用料に加え、フレッツ光および「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご契約・料金が別途必要です。
  • 「ひかり電話A(エース)」以外の料金プランに個別にご契約いただくことも可能です。
  • 「ひかり電話A(エース)」はお申し込みが必要です。各サービスを個別にご契約いただいても、「ひかり電話A(エース)」にはなりません。
  • オプションサービスのご利用には、別途工事費が必要です。
ナンバー・ディスプレイについて
  • 「ナンバー・ディスプレイ」のご利用には、「ナンバー・ディスプレイ」に対応した電話機等の設置・設定が必要です。
ナンバー・リクエストについて
  • 「ナンバー・ディスプレイ」の契約が必要です。
キャッチホンについて
  • 「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」の「データコネクト」通信ではご利用いただけません。
ボイスワープについて
  • ボイスワープ契約者までの通話料は、電話をかけた方の負担ですが、ボイスワープ契約者から転送先までの通話料は、ボイスワープ契約者の負担です(転送先がお話中や応答しない場合は通話料はかかりません)。
  • 「FAXお知らせメール」をご利用中の場合は、同一電話番号で「ボイスワープ」は利用できません。
迷惑電話おことわりサービスについて
  • 加入電話等からひかり電話に移行し、迷惑電話おことわりサービスを継続してご契約の場合、登録していた移行前の迷惑電話リストを引き継ぐことはできません。また、ひかり電話から加入電話に移行される場合も迷惑電話リストを引き継ぐことはできません。
  • メッセージによる応答時には、発信者に通話料がかかります。
FAXお知らせメールについて
  • お知らせメールを受信する時に、通信料・パケット料がかかる場合があります。
  • 「ボイスワープ」をご利用中の場合は、同一電話番号で「FAXお知らせメール」は利用できません。
着信お知らせメール
  • 「着信お知らせメール」でお知らせメールを受信する時に通信料・パケット料がかかる場合があります。

ポイント3 ビジネス利用に最適なセットプラン

「ひかり電話」のビジネス利用には、
おトクなセットプラン
「ひかり電話A(エース)」がおすすめ。

ひかり電話A(エース)
について
開く

「ひかり電話A(エース)」とは、6つのオプションサービス※1と、1ヵ月繰越可能※2な最大3時間相当分の通話料(528円分)※3がセットになったおトクなプランです。

  • ビジネスに 便利な6つの
    オプションサービスがセット※1

  • 1ヵ月繰越可能※2な通話料
    (最大3時間相当分※3) 込み

ひかり電話A(エース)なら

月額利用料

1,650円/月

+フレッツ光 月額利用料

  • ※1 ひかり電話A(エース)で各オプションサービスをほかのオプションサービスと組み合わせてご利用いただく場合、および「データコネクト」での接続の場合、オプションサービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。なお、主番号に加えて追加番号でも「迷惑電話お断りサービス」「着信お知らせメール」「ボイスワープ」をご利用になる場合は、別途各サービスのご利用料金が必要です。
  • ※2 繰り越しした通話料分の有効期限は1ヵ月です。他料金プランへの変更、およびひかり電話の解約時には、繰り越した通話料分は無効となります。
  • ※3 月額基本利用料に含まれる通話料分の通話対象は、NTT西日本・NTT東日本の加入電話・INSネット・ひかり電話およびコラボ光ひかり電話 サービス(データコネクトは除く)・他社加入電話・他社IP電話(050番号への通話を除く)のみです。携帯電話等への通話は月額基本利用料には含まれず、別途通話料が必要です。月額基本利用料に含まれる通話料の適用は、ご利用開始日の翌月1日からです。
    月額基本利用料に含まれる通話料を超える通話も、月額基本利用料に含まれる通話料と同様に計算します。通話料以外の利用開始月分の料金は1,122円の日割計算により請求します。
    NTT西日本・NTT東日本の加入電話・INSネット・「ひかり電話」および「コラボ光ひかり電話」(テレビ電話・データコネクト・データコネクト通信中の音声通話は除く)・他社加入電話・他社IP電話(050番号への通話を除く)に対して、連続して、または毎回きっちり3分単位の時間数で通話した場合です。3分未満の通話でも3分間通話した料金がかかるため、最大時間分の通話ができるとは限りません。携帯電話等への通話は含みません。

月額利用料(例)

電話もインターネットも利用される方向け

「ひかり電話A(エース)」と「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」(FTTHアクセスサービス)の場合

ひかり電話A(エース)

1,650円/月

「フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)

4,730円/月

+プロバイダー利用料金

  • 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・
    スーパーハイスピードタイプ 隼」の場合

「光はじめ割」(1・2年目)※4適用時
<解約金あり>

電話をメインに利用される方向け

「ひかり電話A(エース)」と「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」(FTTHアクセスサービス)の場合

ひかり電話A(エース)

1,650円/月

「フレッツ光」

3,080円/月

+プロバイダー利用料金

  • 「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」の場合

「フレッツ・あっと割引」(料金サービス)※5適用時
<解約金あり>

インターネットのご利用にはプロバイダーとの契約・料金が別途必要です。

  • ※4 「光はじめ割」について
    本割引を解約された場合は解約金(~11,000円)が必要です。割引適用期間の満了月とその翌月、翌々月に解約される場合、本割引の解約金は発生しません。 詳しくは以下をご確認ください。
    「光はじめ割」について
  • ※5 フレッツ・あっと割引について
    本割引を解約された場合は解約金(~9,900円)が必要です。ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。 その他、解約金に関しましては、以下をご確認ください。
    解約金について
  • 「ひかり電話」のご利用には、上記料金表の料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3.3円/月が必要です。詳しくは以下をご確認ください。
    【ユニバーサルサービス料について】
    ユニバーサルサービス料は、あまねく日本全国においてユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。ユニバーサルサービス支援機関(一般社団法人電気通信事業者協会)が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、ユニバーサルサービス支援機関による番号単価の変更にあわせて見直します。
    ユニバーサルサービスについて
  • 「ひかり電話」のご利用には、上記料金表の料金に加え、電話リレーサービス料1.1円/月が必要です〔追加番号(オプション)も同様です〕。詳しくは以下をご確認ください。
    【電話リレーサービス料について】
    電話リレーサービス料は、電話リレーサービス(聴覚障がい者等の電話による意思疎通を手話等により仲介する)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。電話リレーサービス支援機関(一般社団法人電気通信事業者協会)が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額です。
    電話リレーサービスについて

オプションサービスを個別に契約したときの月額利用料

オプション
サービス
料金単位 月額
利用料
ナンバー・
ディスプレイ
1契約ごと 440
ボイスワープ 1電話番号ごと 550
ナンバー・
リクエスト
1契約ごと 220
迷惑電話おことわりサービス 1契約または1電話番号ごと 220
キャッチホン 1契約ごと 330
着信お知らせ
メール
1電話番号ごと 110
  • ひかり電話A(エース)以外のプランに個別に付加することも可能です。
  • ひかり電話A(エース)はお申し込みが必要です。各サービスを個別にご契約いただいても、ひかり電話A(エース)にはなりません。
ナンバー・ディスプレイについて
  • 「ナンバー・ディスプレイ」のご利用には、「ナンバー・ディスプレイ」に対応した電話機等の設置・設定が必要です。
ナンバー・リクエストについて
  • 「ナンバー・ディスプレイ」の契約が必要です。
キャッチホンについて
  • 「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」の「データコネクト」通信ではご利用いただけません。
ボイスワープについて
  • ボイスワープ契約者までの通話料は、電話をかけた方の負担ですが、ボイスワープ契約者から転送先までの通話料は、ボイスワープ契約者の負担です(転送先がお話中や応答しない場合は通話料はかかりません)。
  • 「FAXお知らせメール」をご利用中の場合は、同一電話番号で「ボイスワープ」は利用できません。
迷惑電話おことわりサービスについて
  • 加入電話等から「ひかり電話」に移行し、迷惑電話おことわりサービスを継続してご契約の場合、登録していた移行前の迷惑電話リストを引き継ぐことはできません。また、「ひかり電話」から加入電話に移行される場合も迷惑電話リストを引き継ぐことはできません。
  • メッセージによる応答時には、発信者に通話料がかかります。
FAXお知らせメールについて
  • お知らせメールを受信する時に、通信料・パケット料がかかる場合があります。
  • 「ボイスワープ」をご利用中の場合は、同一電話番号で「FAXお知らせメール」は利用できません。
着信お知らせメール
  • 「着信お知らせメール」でお知らせメールを受信する時に通信料・パケット料がかかる場合があります。

お申し込み

まだ「フレッツ光」をご契約していない方
フレッツ光」
(FTTHアクセスサービス)
同時に
お申し込み

※「フレッツ 光クロス」ではご利用いただけません。

既に「フレッツ光」をご契約している方
「ひかり電話」
のみお申し込み・プラン変更

よくあるご質問

  • Q
  • Q
  • Q
  • Q

審査 21-659-1